GlobalGameJam2020に参加してきました

2020年1月31日〜2月2日にかけて行われたGlobalGameJam2020に参加してきました。
グローバルゲームジャムは48時間でゲームを作ろうという、世界規模で行われているイベントです。(詳しくはIGDAのサイトをご覧ください)

今回は数ある会場の1つ、東京立川にあるビサイド会場に参加しました。
イベントがスタートすると、まずキーノートの動画をみんなで観ます。
そして最後にテーマが発表されます。

今回のテーマは「Repair」でした。
このテーマに沿ったゲームを考えて作っていくことになります。

次にチームビルドです。
ゲームジャムでは、イベントが始まってからチームが決まります。
(事前に決まっている場合もあります)

私たちのチームは5名で構成されました。
それぞれの担当を
・チームリーダー&サウンド
・リードプログラマ
・サブプログラマ
・グラフィッカー
・プランナー(私)
という形で割り振りました。

2020/1/31 19:00 スタート

チームで集まって自己紹介を行った後、まず行ったのはチーム名を考えることです。
やはり一致団結するにはチーム名が大事です。
みんなでアルファベットを1文字ずつ出しあって、それを並べ替えて「JET-RX」というそれっぽい名前にしました(笑)
所要時間は5分程度。時間がありませんからね。

次に企画の骨子をみんなで考えます。
色々アイデアを出しながらああでもない、こうでもないと言いながら時間がどんどん過ぎていき…

2020/01/31 22:00 企画発表

とりあえず、大枠のボンヤリとした内容を発表してお茶を濁します。
他のチームはパワポでしっかり資料を作っているチームもありました。

2020/02/01 24:30 一旦帰宅

まだ企画が固まらず。終電のため一旦帰宅します。
ちょっとペースが遅いかなと思いつつ、帰宅してシャワーを浴びて、少し考えてたらアイデアがまとまってきたので、Slackで共有して3時ごろに就寝。

2020/02/01 10:00 再開

そろそろ企画の方向性が決まっていないとまずいので、Slackで共有したアイデアをベースに企画は任せてもらい、それぞれ作業分担で進めていくことに。
ロボットの修理を行うゲームを作ることになりました。

2020/02/01 17:00 アルファ版発表

何となく動いているものを披露しているチームがいる中、私たちのチームは簡単なパワポで乗り切ります。

2020/02/02  5:30 仮眠

黙々と作業を行いますが、この辺で眠気のピークがきます。
この辺りで少し仮眠を取っておきます。
ジャムではこの時間帯の仮眠が非常に大事で、ラストスパートの為に気力・体力を少し回復させておかないと、終了間際に限界がきてしまいます。

2020/02/02  11:00 ベータ版発表

8:30頃に目が覚めて、朝食を取りながら黙々と作業を行います。
ベータ発表では、大体動いていてあとはバランス調整を残すのみ。
といけば良いのですが、大体重要な実装がまだできてなくて、調整なんてできる状態じゃないケースが多いです。

2020/02/02  17:00 開発終了・完成発表

ギリギリで少しだけバランス調整を行い終了です。
ゲームジャムは、このラスト4時間ぐらいで一気に作品の完成度が上がります。
なので、この時に力が出ないと厳しいんです。

というわけで、私たちのチームのゲームが完成しました!

スクラップお父さん

ここからブラウザで遊ぶことができます!
https://zachsarette.itch.io/deterioratingdad

お客さんロボを修理しながら、どれだけお父さんロボを長生きさせるかというゲームです。
バグがあったり、バランスが取れてなかったり、説明不足だったりと色々残ってはいます。
時間を見つけて修正したいなぁなんて思ってます。

というわけで、48時間のゲーム制作は終わりました。
小学生が参加してた所などもありましたので、この倶楽部でも、いつかチームを組んで参加してみたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする